PPS 圧力パルスセンサー画像

PPS 圧力パルスセンサー

商品説明

004年以来、自動車診断装置の圧力パルスセンサー(PPS)の世界的な使用が開始されました。

内燃機関の通常の運転では、圧力のパルス波が様々なシステムで生成されます。
すべてのエンジンは波形を作り、その形状は予測可能です。
すべてのエンジンがこれらのパルスの予測可能な理想的なパターンを生成するので、これらのパルスの非対称性の形状または外観の変化は、エンジンの異常を示します。
PPSは、エンジンの分解なしに、燃焼バルブ、不良インジェクタおよびその他の性能問題などの欠陥を検出します。
PPSの出力信号の波形を視覚化するために、その電気部品はオシロスコープ(モトトルスター;自動車用スコープ)に接続されています。画面にはバルブ、シリンダー、インジェクターの動作がリアルタイムで表示され、最初のシリンダーに同期を使用することでシリンダーに問題があるかどうかを判断できます。
これは
エンジンの実際の状態を迅速かつ正確に知る非常に便利なツールです。
圧力パルスセンサは追加の外部電源を必要とせず、最新のデジタルストレージオシロスコープ(モトトルスタ)で使用できます。

Copyright ©自動車故障診断機のオートミルテック All Rights Reserved.